Northern19 Official Blog

Northern19のオフィシャルブログ

ご無沙汰してます!
笠原です!



だいぶ久々にブログ書きます。
っていうか、今年初投稿か…汗





それにしても
いや〜皆さん元気にしておりますか??
僕らは元気でやっておりますよっ!






なにはともあれ、まずはお知らせ!

Northern19、ニューシングルをリリースします!!!
IMG_7081


“GOODBYE CRUEL WORLD”
というタイトルの4曲入りシングルです。

発売は7月28日!


楽曲についてとか内容に関しては、まぁ発売前ですし細かいことは発売後にまたお話ししようかなと思うところですが、


とにかくめちゃくちゃ良いシングルです。

いや…それは当然というか、毎回自分らで良いと思うものしか出してないですけど、、





個人的に今作に間違いなく感じてる要素が2つ



一つは、
ここ数年、というか元を辿ればさらにずっと前から感じていた見えない壁というか、一個新しい風穴を自分たちなりに開けたいな〜みたいな想いと、それに対して少しずつやってきた試行錯誤が、ようやく一個形になったということっすかね。
あんまり具体的に話すのはヤボですし、とりあえずは聴いてみてもらいたいですし、
まだようやくその一つの提示が出来たばかりで、これからもっとそれを推し進めて表現したい、していかなければというところなんですが。





あともう一つは、
やはり昨年から始まった今のこの世の中の状況も、凄く影響してるということ。


世の中が急速に変化していて、それが昨年からより推し進まったというか、なんだか凄いわけわからない流れになってしまってるというか…
俺達もライブほぼ出来なくなって、色んな当たり前や普通だったものが急にそうじゃなくなったりとか。



そんな状況の中で色んな事を考えたり、気付かされたり、世の中や自分自身に対して、漠然と不安を感じたりとか。

そういうのが少なからず自分にもありまして…



だけど、でもやっぱり、俺はバンドをやってたから、Northern19があったからこそなんとか俺は大丈夫だったというか、それが心の支えだったと思うんですよね。
というか今もまさにそういう状態でいるっていう感じ。
大袈裟かな?
いや、意外と大袈裟じゃないっす、まじで。
というかずっとたぶんそうだったんだよな。
今それを1番感じてるっていう。




音楽が無くても人間生きていけるかもしれない。物理的には。
でも無いと、やっぱ人間らしく、自分らしく生きていけなくなるんじゃないかな。
少なくとも俺はそう、というか、むしろこういう状況だからこそ逆にやりたいってなったというか、やってないと無理だったというか。


こんな状況下でも、ライブがなかなか出来なくても、メンバー3人でパソコンでデータのやりとりしながら曲を作っていく過程がむしろ凄く楽しく感じた、というか。


そう、それが全てなんすよ。
自然とそうなったんすよ。


一つ目に挙げた、なんか一個風穴開けるような新しい領域に行きたいなっていうのも、むしろこのタイミング、こういう状況下だったからこそ自然に一歩進めたことだなって思うしね。


そういう感じで出来ていったのが今作
“GOODBYE CRUEL WORLD”
なんですよ。
タイトルにも表れてますかね。

まぁでも、ぶっちゃけインスピレーションで付けたタイトルです笑
明確な表現の意図があるわけではないです。
曲にしろ歌詞にしろタイトルにしろ、聴いてくれた皆さんの中に落とし込んで、自由にそれぞれのイメージを広げて解釈してもらえたらと思うております。






今回のシングルを作成して感じたこと
簡単に言っちゃいますと、

やっぱバンド楽しいな

まだ俺ら楽しめるな

まだまだ自分達なりに新しい表現出来るな

内側から込み上げてくるものをもっとやりたいしやっていかねばならんな

こんな感じ(?)ですね!
語彙力!




ま、これもいつも思ってることなんすよね。
そういう意味ではそこはずーっと変わってない。うん、マジで変わってないな。




自分達にしか出来ないことをこれからも、というかこれからはもっと追求して曲にしていきたいです。


せっかくこの世に生を受けて、音楽の楽しさに取り憑かれて、18年も同じこのバンドやれてるんだし。
しかも、まだやりたい、まだ楽しいっていうんだから、、
そりゃこんなに有り難く幸せな事はないっす。




なかなか大変な状況ではあるけど、
そんな中で、今の俺達Northern19が精一杯情熱を燃やして、設計から作成、そして魂を宿して産み出したもの
それが今回の4曲ですよ。


やっぱワクワクするんすよ。
曲の切れ端が産声をあげた瞬間、それが少しずつ骨や肉が付いてきて、全体像が見えてきて、レコーディングで命が吹き込まれて、それがリリースされて皆さんに聴いてもらえて、ライブで俺達がまるで召喚魔法の様に出現させて…


その全てに、今だにワクワクするし興奮してます。


そしてその全てが、自分達の気持ち一つで、なんだかつまらない、シラけた代物になってしまう可能性もあるし、
時には自分が予想だにしないくらいのエネルギーを持ってして俺達を巻き込んでさらっていってしまうくらいのワクワクや興奮を産み出すこともあるんす。

俺はずっと、前者になりたくないって強く思いながら、一歩間違えば音楽なんてすぐそうなってしまうっていう恐怖が背後薄皮一枚のところに常にあるんだけど、それには目もくれず、脇目も振らず、ワクワクや興奮や感動を常に追い求め身に纏いながら、後者に振り切れるものになることだけをイメージして目指して曲を作ってます。


そう、音楽はそこが面白いんすよ。
マジで、魔法とか超能力に近いと思う。
願うこと想うことイメージすること、とかそういう目に見えないものが形作ってエネルギーとして宿る。


願わくば、シラけたものとしてじゃなくて、固定概念や既成の価値観とかそういうのも超えて、理屈じゃない感動とか衝撃とか、言葉に出来ない何かプラスのエネルギーを、俺達のこの一連の“衝動、情熱、行動の積み重ねの産物”から感じ取ってもらえたら嬉しいです。













久々のブログだったせいか、情熱先行型・キモめのよくわからない長駄文をしたためてしまいました…皆様すみません(*´Д`)ハァハァ






まそんな感じで、とにかくめちゃくちゃ良いシングルですのでね!
皆さんに早く聴いて欲しいな〜!
是非楽しみにしていてください〜!!!
IMG_7081




笠原健太郎
















ご無沙汰しております!

馬場です!

今年は色々と大変な年でしたね。

バンドとしてライブ活動はほとんど出来ずでしたが、ここで少し振り返りと御挨拶をと思い書きます。

バンド結成してからこんなにライブをしない一年は、結成した初年度以来初かもしれない。(沢山やってるからどうこうとかの話ではないですが)

でも悪いことばかりでもなかったです。

アンドリューさんにお誘いいただいて、スタジオでの生配信ライブ。

初の試みだったけど、結果凄く楽しかったのを覚えているし、無観客でも観ている人からリアルタイムでコメントを貰えたりとか凄くありがたかったです!

アーカイブ無し、生配信一本勝負ってのもよかった。

IMG_1360

予定とか時間の都合でタイミング合わず見れなかった人はごめんなさいでしたが、あくまで生のライブにこだわりたかったのでそこは勘弁してください。


そこからしばらくまた間が開くんですが、先月に久しぶりの有観客ワンマンライブ。

有観客っていう表現がわりと当たり前になってきてるのが正直かなりの違和感ですけどね。。

ガイドラインを皆さんが守ってくれたおかげで、この日も最高の一日になりました!

IMG_1617

色々な制約の中でも皆さんの挙げてくれた手や拍手等、気持ちが確かに上がっているのがこちらからも分かりましたし、形式は違っても全然やれるなと、一つ安心した事でもありました。

今はとにかく我慢しながら、その時々で出来ることを少しづつだけどやっていくしかない。

本当はこの日はシングル”YES”のツアーファイナルだったんですよね。

ツアーのその他の日程も予定はしていたんですが、今年は開催が出来ませんでした。

こればっかりはもう仕方がないです。

でもその分と言っては何ですが、新曲がいくつか出来ました。

いつ、どんな形で、とか全く決まっていないけど、何かしらの形で届けれるようにしますので、楽しみにしていてください。

こういう世の中になって、もう一つ良かったことは自分の時間が増えた事です。

気持ちに余裕が生まれると、人に優しく出来るようになる気がしています。

それがほんの些細な事でも何だっていいんですよ。

皆さんそうだと思うんですけど、当たり前のようにやれていた事が当たり前ではなくなった訳じゃないですか。

でもそのお陰で気付けた事って、これから先の人生において結構大きいんじゃないかなぁ。

だからこの一年凄い大変だったと思うけど、無駄じゃなかったと思いたいよね。

次に繋げていくという。

まだ終息はしていませんし、なんなら拡大していますのでこれから先も改めて皆さんで気をつけていきましょう。

年明けからまた少しずつライブもやっていきます。

まずはTrack'sとのツアーで高松、周南、出雲。

これも本当はツアーで開催する予定だったライブです。

Track's側との話し合いにより、合同開催でのツアーという形にさせていただきました。

IMG_1672


IMG_1673

高松以外は売り切れましたが高松がまだ残っています。

無理のない範囲で遊びに来てくれたら凄く嬉しいです。

今年も残りあとわずか、これから年内最後のスタジオ(曲作り)に行ってきます。

今年も皆様ありがとうございました!

良いお年を!!


馬場


photo by 半田安政

お久しぶりです。ソウダイです。

もう年末になってしまいましたね〜
師走ってますね〜

先日、年内のNorthern19のライブが終了しました。

IMG_5657

kobore HEBEREKE TOUR 2020
at 水戸LIGHT HOUSE

去年のSHIMAのBLASTツアーで一緒だったkoboreに誘ってもらいました!
めっちゃんめちゃん(新語)によかったw
koboreありがとう!
またガッツリやりたいな〜


今年のライブを数えてみると、配信を入れて計16本だったようです。

最近、有観客のライブもやれるようになって、色々な規制や人の目もある中、またライブハウスに足を運んでくれる人がいるのは本当に嬉しいかぎりです。

モッシュダイブ禁止、声援禁止、マスク着用、
「そんなの嫌だ!」「そんなのライブじゃないだろ!」「まだ、ライブハウス不安だな」「規制が窮屈だ」
と思う方はまだ無理せずで大丈夫じゃ無いかなぁと思う!

いつか、その不安が振り払われた時でも、僕らはバンドやってます。

自分の感覚を信じて自分自身で考えて行動しなきゃ。何がダメとか誰がダメとか、もうそんなんじゃないと思うんで〜

もちろん来てくれたら嬉しいけど!
一応、僕個人の意見ね!


あと!
有観客でやった2本のライブから見ると、来てくれたお客さんはしっかりガイダンスを守って楽しんでくれてたな〜という印象です!
もちろん、各会場のスタッフの方々も感染対策きっちりやって頂いてるので。
演奏してても安心できてライブもしっかり楽しめた!
本当にありがとう!
少しでも不安が和らげばと!


IMG_5318

揉みくちゃのライブも最高だけど、今はそれが無い分、
ここにいる子はこんな風に、
そこにいる子はこんな気持ちで、
って目を見て勝手にだけど感じ取ってライブできてるから、それも良いなって感じ!

マスクあっても表情は見えてる気でいる!!

今の状況でも出来る楽しみ方は、確実にあります!

STAP細胞はありますっ!!


すみません、ふざけました。

まぁ、少し頭柔らかくして考えてみればいろんな楽しみ方も見つかるんじゃないかと!



来年も発表されているライブがちょくちょく出て来ております!

IMG_5533

まずはこちら!
Track'sとの共同ツアー『Yeah Yeah Yeah!!! tour』

1/21 高松DIME

1/23 周南 live rise

1/24 出雲APOLLO

今年の1月も我々のTHREE to ONE tourで一緒に回ってくれてたTrack'sとの一年越しの対バンツアー!!
やっちゃうよ!!

高松はまだ少しチケット残ってるようなので是非!!


そのお次はコチラ!


2021.1.31 神戸 太陽と虎

太陽と虎 10周年記念興行
TEPPEI MATSURI
IMG_5674

タイトラの10周年をお祝いさせて頂きます!!


今後も少しずつ発表されるライブもあると思うのでHPやSNSをチェックしてみて下さいね!
http://www.northern19.com/


よろしくー!


もうすぐ、クリスマスだね、、嫌だね、

ソウダイ。

健太郎です!





昨夜は渋谷WWW Xにてワンマン
“TONIGHT A LIVE”
久しぶりのお客さんの前でライブでした。





結論から言うと、、

いや〜〜〜最高でした!!!





シングル“YES”のリリース全国ツアーを組んでいたんだけれども、実はそれのファイナルとして本来やるはずだったこの渋谷WWW X。


コロナの影響で軒並みライブができなくなっちゃって、頃合いや色んな状況を見た上で、この渋谷はライブやれそうかな、やりたいね、ということで今回のライブになったわけです。



でも、まさかまた今になってコロナの勢いが増してきちゃって、『我慢の三連休』なんて言われるタイミングでやることになるなんて、決めた時点では思ってもみなかったよね。。
予想できないからねこればっかりは。笑




そんなわけで今回は人数制限、椅子有り、お客さんは歌ったり声出しちゃダメとか、そういった制限がある中でのライブ。



もちろん不安はあったけど、それと同時に、そういう状況下でのライブをやってみたい、やってみないとわからない、純粋にライブやりたい、そういう気持ちもおり混ざってのライブでした。



当日はライブハウスに入りして、久しぶりに自分のライブ機材をセッティングしてリハーサルして、あぁなんかこの感じ久々だな〜なんて思ったりして、
純粋にやっぱそういう時間自体が凄く楽しくて。
ライブも、本当楽しみだな〜って感じのシンプルな感情だけがあって、普段わりと緊張しいな俺なのに、なんかとにかく久しぶりのライブが楽しみな気持ちが大きくて。




いざライブが始まったら、もうとにかく最高でした。
予想以上に気持ち良くて解放感があって、楽しかったしグッときた。

で、やりながら気付いたのは、それって来てくれた皆さんが本当に素晴らしかったから。



モッシュ・ダイブしない、声出さない、歌えない、
そんな中で、拍手や腕を上げること、身体を揺らすこと、それでなくとも、皆さんの心や気持ちちゃんと一つ一つが会場全体に湧き上がり包み込んでいるようで、ちゃんと伝わってきましたよ。

本当に熱くて温かくて、素晴らしい空間でした。
それがなんか嬉しくて心強くて、あぁ俺達(バンドも含めたそこに居た全員)きっと大丈夫だな、なんてそんな事を感じながらライブやりましたよ。
あぁこれだよなライブって、そう感じました。
ロックバンドやっててよかったな〜と思いました。
本当に嬉しくて、楽しかったです。
ありがとう!!!
これからもよろしくです!!!
IMG_5205
IMG_5200
IMG_5203

photo by 半田安政


昨夜も半ちゃんがとても素晴らしい写真をたくさん撮ってくれました。
ありがとう半ちゃん!ナイッスゥ!!

追い追いちょっとずつオフィシャルやメンバーそれぞれのアカウントからアップされていくと思います。






やっぱ生ライブは全然違うね。
お客さんがいるといないとじゃ違うっすわ。
特別・格別ですよ生演奏ライブは。
演ってる方も見てる方もそうだと思う。
だからこそ、やっぱり失くしちゃいけないよなって実感しました。




これからも少しずつ状況を見ながら、バンドでのライブ、個人的な弾き語りとかやっていきます。そんなにガンガン本数はやれないかもしれないけどね。


まぁ、その時には、またその時の、それぞれの状況や状態に合わせながら、その中でしっかりと対策や配慮をしながら、お互いに、一緒に楽しみながらやっていきましょ。そうしましょ!









というわけで、次のNorthern19のライブは12/20水戸LIGHT HOUSE。koboreのツアーに出演します!
めちゃくちゃ楽しみー!




皆さん、引き続き体調には気をつけて、あんまり無理せず日々生きていきましょうねん!
IMG_5201










笠原健太郎















健太郎ですー!





先日発表になりましたね!
こちら!
image

11月22日(日)
渋谷WWWX
ワンマンライブ
“TONIGHT A LIVE”

お客さんを入れての
ライブやります!

チケット先行受付中!



image

こういう状況下でのライブだから、色々協力してもらうけど、それはよろしくお願いしますね!





本当なら今頃“YES”の全国ツアーを回っている様な感じだったんだけど、それが軒並みできなくなっちゃって、
この11月22日の渋谷公演がそのファイナルになる予定だったんだよね。

他のバンドもそうだったと思うんだけど、
コロナ渦になってからまず近々の予定からどんどんキャンセルになっていって、さらに先々に決まってた予定に関しては今後の状況を見ていかないとなんとも言えない、どうなっていくのか、いつまでこの状態が続くのか誰にもわからない、っていうのがずっと続いて、

そういう状況の中でもギリギリまでこの渋谷公演はキャンセルせずに(どの公演もそういう感じだったけど)取っておいたんです。


11月22日、ライブやるのか、やらないのか。
もうそろそろ決めなきゃいけないっていうタイミングがあって、結果ここでライブやろうと自分達は決めました。



バンドによって、人によって考え方、スタンスは本当違うし、人それぞれだなって思う。
最近は特にそういう事をよく考えるんだけど、


音楽って
そういうのも全部包み込む様に、
時には痛快にぶち壊してくれる様に、
自然と無理矢理(おかしな表現だな笑)に
人々を一つにさせたり
独りじゃないんだなとか思わせてくれたり
人生とか現実とかムカつくアイツや自分自身とかもまぁ〜別にいいか、たまには悪くはないかな、とかさ、
明日を迎えてみようかって気にさせてくれたりとか

全て勘違いかもしれないし、ただ夢や幻想を見させてくれてるだけかもしれない。
いっ時のその場しのぎの痛み止めとか安定剤なのかもしれない(これも人によるし、あなた次第みたいなところはあると思う)。


でもそれにたくさん救われてきたからね俺。
音楽、それにまつわるエネルギーとかそういうものによって、今までたくさん救われて、導かれてきて

二度とない人生の中で、出会えて良かった、好きになれて良かった、選択して良かった、続けてきて良かった、
そう思えるのが俺にとっての音楽なので、

必要とされなくなったらそりゃ悲しいし
今までは必要だったし好きだったけど、今は必要じゃない、とかもし言われたらそりゃ悲しいよね。極論ね。

まぁ、それも人それぞれ、自由なんだけどね。







結局何が言いたいのか…笑
結論まとめると


今までのライブの様にはなれない、やれない状態でも、音楽は音楽だし、ライブはライブだし、そこには愛があるし、俺達はやってみたいな。やれないことはないし、やらないとわからないよね。だからやろう。

です。


深そうに色々ぐだぐだ書きましたが、まじで全然根っこはシンプルです。


要はライブやりたい。


前の様にはいかなくて制限・条件はあるし、
それは守る、守ってもらう。


でも、音楽が鳴るんだよ。
人間が演奏する音楽が、俺達3人にしかできない音楽が鳴るんだよそこで。
鳴らす方も鳴らされる方も、めちゃくちゃ楽しみじゃない?
それ自体にワクワクしない?


そういう原始的な部分は、逆に忘れちゃいけないというか忘れたくないというか、とにかく想像だけで素晴らしいんだ(PAN)状態なわけなんですよ。

もう俺的にはそれだけで十分。
条件や制限なんてある意味どうでもよくて。
(俺がライブをしたいと思う根源的な理由、という意味だよ。どうでもいいからムチャクチャしよう、ではないよ。)

弾き語りを最近多くやらせてもらってて、なんか余計そういうマインドになっているのかも。
ギター一本でも、アカペラでも、DJでもBGMでもなんでも、
音楽がそこにあれば、人がそこにいれば、それだけで十分素晴らしいし、何が生まれるし、楽しめるはずだよ、感動できるはずなんだよ、もっともっと。

そこを諦めて、冷めちゃって、シラけちゃって、もういいや、もういらないや、
『昔はよくライブ行って時にはモッシュダイブなんかしたりして盛り上がってたよね〜若かったよね〜今は行かないけど』とか(例えばね)(これすら別に自由なんだけどね)

そんな風になるきっかけがこのコロナ渦によるものだったら、それは悔しいし、なんかシャクなんだよな。








はぁ。色々書きましたが…
ホント駄文ですみませんね。。
心のままに、一気に綴ってます。





まぁ、やっていきましょうよと。
色々ありますが。
答えなんて、正解なんてわからないけども。
今やれること、やりたいことを自分達なりにやるということで。

いつだってそう。根っこはいつだって今も変わってない。変わらない。




11月22日は楽しく、素晴らしい日にしようじゃありませんか。
みんなでね。
俺達も含めた1人1人にとってね。

体調管理、検温、ソーシャルディスタンス、マスク、フェイスシールド、うがい手洗い、モッシュダイブできない、声出せない、シンガロングできない、その他etc諸々…
しっかり守ってわきまえた上で


上等だよ、やってやろうじゃねーか、そんなもんに負けるわけがねぇ、気持ちが萎えるわけがねぇ、シラけるわけにはいかねぇ。
ロックなめんなよ、音楽なめんなよ、
好きなんだよどうしようもなくな!


そういった我々の意地やたくましさ、
そういうのを渋谷にみんなで持ち寄って、お互いに確認しあって

心で抱き合ってハイタッチして笑顔になって気持ちたくさん解き放って、

やっぱロックって最高だなー、音楽って、ライブって、ライブハウスって、人間っていいもんだよなー。

そう再確認し会えるような日にしましょうね。お互いに。






そんな気持ち、です!



とにかく楽しみだな〜









皆さんよろしくですー!!













笠原健太郎

このページのトップヘ