どうもです。


しばらくライブが無いのでちょっとした夏休み気分で過ごしてます。


そーいう時は割り切ってドラムも全く触らないとかして過ごすことがある。


今回はここ最近のプライベートな事を少し。


丸の内にてランチ。


FullSizeRender



IMG_7550



滅多にこういうのしないけど、「やってる感」を感じるためにたまに来る。


金箔ソフトで金運アップ。(したらいいなぁ~)


IMG_7559



んで買い物。


suicokeの気になってたやつ。


IMG_7563



IMG_7567



いつも履いてるAmbのサンダルはほぼほぼ革で濡れたらアウト気味だから、濡れても大丈夫そうなやつが欲しかった。


実際濡れて大丈夫なのか知らんけど。


これで今度の福岡トライアングルもバッチリ。なはず。


ちなみにうちの猫(二匹目)は新しい靴が来るとすぐにイタズラをする。


放置して出かけて帰宅すると毛だらけになっている。


でも怒れない。


かわいいやつだ。


あとはひたすら飲酒。







今年もお盆は実家には都合合わず帰れずじまいだったな。


もう数年帰っていない気がする。


昔の事を少し思い出した。


自分は私立大学にまで通わせてもらっておきながら、就職もせずバンド活動を選んだ。


とんだ親不孝者だ。


もちろん反対の嵐。


でもやりたかったから強引に突っぱねてバンドを選んだ。


その時にやりたかったのがバンド活動だったんだから仕方ない。


と、正当化していた。


もう一度言うが、とんだ親不孝者だ。


リスクを犯した分、死に物狂いで頑張った。


その年の秋にファーストアルバムを出して、ツアーをして、いきなり状況が変わったりなんかして、目まぐるしく日々を過ごした。


翌年に初めて某野外フェスに出演し、雑誌にも載った。


しばらくして久しぶりに実家に帰省した時、雑誌の拡大コピーが額に入れて飾られていたり、雑誌見開きで飾られてたりを見た時には正直少し居心地は悪かった。笑


手のひら返した感が半端じゃなかったから。


でも父親は地元のCDショップに個人的に営業かけてうちらのCD置いてくれと強引っぷりを発揮してたり(その後どうなったかは知らないが)、母親はロックなんて全く持って興味もないくせに、仕事しながら聴いてるよなんて言うもんだから、照れ臭かったが嬉しかった。


昔からずーっと言われてきて、「うるさく言うのは心配だから」と言う事の意味が、ここ数年でようやくわかるようになってきたつもり。


田舎からでてきてずーっと関東にいて、もう地元にいた時間と変わらないくらいの時が過ぎたけど、こっちの時間はなんか進むのが早いというか。


同じ時間ではあるんだけどね、不思議なことに。


うちの実家では、お盆に親戚が大集合してよく宴会が開かれていた。


その時に久しぶりに会う親戚のちょっと悪いおじさんとか、遠くに住んでる年の近い親戚に会うのが凄く楽しみだった。


その時おじさんに「男はセッターだぞ」って言われたのが凄く自分に刺さってて、大学生の頃はセブンスターよく吸っていたな。


子供の頃はそういう人がやけにかっこよく見えるってもんだよね。


この時期になると毎年思い出す故郷の事でした。


近々時間作って、久しぶりに実家に顔見せにでも行ってみようと思う。







何でもそうだけど、投げ出すのは簡単。


全て放棄して人に任せてしまえばいいんだから。


投げ出したくなる気持ちはわかるしそんな時は自分にだって沢山あるけど、そこを踏ん張ってどうにか進むことができるかどうかで未来は変わるんじゃないかと思っています。


根性なしなんてまっぴらだよなぁ。


なんて、こないだスラムダンク全巻読み直して思った、馬場の平成最後の夏。




馬場