昨日は久しぶりの新宿ACBでした。


IMG_7687



自分達の古巣であるCATCH ALL RECORDSと現所属のWIRED ReCORDSとの共同企画。


いきさつを知ってる人は勿論だけど、知らない方にとっても自分達の事を知ってる人は何となく意味は察する事できるんではないかなというような、深い一日となりました。


あまり知らない方もいるかと思うので簡単に説明すると、うちらは2006年に1st ALBUM EVERLASTING」をリリースしてから約6年ほどCATCH ALL RECORDSにに所属しており、そこで4枚のフルアルバムと4枚のシングルをリリースしました。


そういった活動を続けて行く中で、自分達がよりステップアップしたいと言う気持ちが強くなり、レーベルを離れる決断をとったわけであります。


レーベル移籍って、もちろん綺麗なステップアップの仕方もあるのかもしれないけど、多少なりともマイナスの要素も含んでいるとは思っていて。


あのバンドが単純に好きという方もいれば、バンドが所属しているレーベルひっくるめて好きな方ももちろんいる訳で、そういう方にとっては悲しい思いをさせてしまったと思います。


あれから5年以上経った今でもこれだけは言いたいんだけど、お互いちゃんと話し合った上で決まった事だから、決して喧嘩別れとか、そういった事ではないです。


それだけはわかってほしい。


今だから笑って話せる事なんかは沢山あるけどね。


正直いうと、その後レーベルを移籍してからもCATCH ALL RECORDSからイベントのオファーは何度か頂いたりもしていました。(出れてはいないですが)


色んな思いがあったから、なかなか簡単にやっていい事とは思っていなかったし、軽い感じで見られたくもなかったところもあり、古巣との共演というのがなかなか出来ないでいました。


そんな時に起きたのが、自分達のホームであった池袋MANHOLEの閉店、移転騒動です。


スタッフとして所属していた自分としては、早くからそれを知り、理由がビル老朽化からくる全店舗立ち退きだったので、何ともやりきれない思いで日々を過ごしていました。


池袋MANHOLEのおかげでCATCH ALL RECORDSと出会い、自分達の全てが始まった場所であったため、すごく大切な場所でした。


その時はまだ世間には閉店の発表がなかった時期でしたが、そんな時にCATCH ALL RECORDS佐竹さんから池袋MANHOLEでのイベントのお誘いを受け、20175月にそこで移籍後初めてイベントに出演する事になります。


その時にもう一つ大きかったのが、現在CATCH ALL RECORDSに所属しているOWEAKSTRIKE AGAINといったバンド達と交流したことでした。


自分の中で勝手に思っていた

「今じゃない」

がそこで崩れたように感じました。


それからうちらのライブにもちょくちょく顔出してくれたりして、普通に嬉しかった。





お互いに別々の道を選んでから5年もかかったけど、今こうやって共同企画が出来てるのって素晴らしい事だと思うんですよね。


凄く感慨深い一日でした。


その場所が新宿ACBだった事でより一層深さを増しているな。


このイベントの意味を、色々とモヤモヤした気持ちがあった皆さんにもわかっていただけたら嬉しく思います。


また色々遠回りもするかもしれないけど、これからもよろしくね!




馬場