こんばんわ〜健太郎で〜す!








いやはや、かなり久々な更新となってしまいました。



皆さま、元気にしてますか?












昨夜!
遂に発表されました!

Northern19
NEW SINGLE

“YES”

7/29、リリース!!!

IMG_3968




お待たせいたしました〜〜〜!!!






いやぁ、、ようやく発表できたなという感じです。





去年の春に壮大が加入して、このシングルが初めてリリースする音源。



去年の5月1日に行われたOVER ARM THROWのイベント“Can I get ONE?” 
横浜NEW SIDE BEACH!!公演にて、新体制で初ライブをやって以降、
我々はとにかくライブをやってきました。





バンドは生き物、とはよく言ったもので、本当に生まれ変わったような感覚がありました。
面白いですねバンドってのは。






その横浜の初ライブ、あの時の喜びと緊張は、ホント一生忘れたくないな。

LIVE、とはこれまたよく言ったもので、
本当に生きてる、生きてて良かった、続けてやってきて良かったなと感じました。

壮大に感謝だし、馬場君にも感謝だし、ずっと俺達を支えてくれる猪股にも感謝、対バンの仲間達にも感謝、ライブハウスに感謝、
もちろんNorthern19の事を好きでいてくれてライブに来てくれるお客さん、ライブに来なくても楽曲を好きでいてくれる人達にも、感謝。



他にも全ての、、
いやホント馬鹿みたいにキリがなくなってしまうんだけど笑




とにかく、こんなにもありがたいなぁと感じる事はなかった日々でした。


IMG_9965
IMG_9936

Photo by 半田安政






IMG_9911

初ライブ後の打ち上げにて、OVER ARM THROWから新体制初ライブおめでとうのケーキをいただいた時の一枚。
まじで嬉しかったなぁ。。








そんな皆さんから貰うポジティブなバイブスを糧に、とにかくライブで自分達を鍛えていく、新たな挑戦をしながら、少しずつ、笠原馬場壮大の3人で“Northern19”というものを確立させていく




そのために“THREE to ONE TOUR”と題して全国ツアーをやりました。

IMG_9703

THREE to ONE = 3が1に向かう
つまり、俺達3人をより一つにするために、
俺達3人がお客さん1人1人に向けてライブで魅せていく


日々試行錯誤、うまくいかない事もあったし悔しい思いをした時もそりゃああったし、嬉しい事も楽しい事ももちろんあって。


そういうのを3人一緒に共有できた事が本当に大きかった。
もちろん、これはこれからもそうなんだけどね!

IMG_2806
IMG_2726

Photo by 半田安政



ツアー最終日の自主企画“HOLY DIVERS”
ホント最高の一日だったね!!!












…なんだかいきなりリリースとは全然関係ないような話になっちゃってるけど、ついつい笑





そう、
話を戻すけど、



今回のシングルは、そういった日々があったからこそ生まれた、現時点のNorthern19の結晶なわけです。





で、結論を言うと、

まじで最高のシングルが出来ました!!!







本当はね、もう少し早く曲を作ってリリースっていうのも、出来ればしたかったというのはね、ちょっとはあるんだけど、





でも、
まずはライブ。
ライブをやらないと、ライブでこの3人のバンドとしてのグルーブを高めていかないと、
それ意外の場面も一緒に、まさに同じ釜の飯を食うみたいな、色んな経験をして、一つ一つしっかりと足元をちゃんと固めてから、


よし!今なら新曲を良い感じに作れそうだな!


そういう気持ち、自信が自然と湧き起こって、ちゃんと3人がそれに向かえなければ、良い曲良い作品は作れないんじゃないか。




そう感じていたからなんですよね。

…まぁもともと僕は、ポンポン曲を生み出せるタイプでもないし、こんな感じで考えちゃうしでかなり不器用なもんで…笑



だからスイッチが入るまでに時間がかかったし、とにかく様々な挑戦や検証や確認、
それをまずはちゃんとして、そうしてちゃんとグルーブ高めてから自然に作っていきたいという気持ちで。


実際、本当に良かったと思います。
もうそろそろ作らなきゃ、作れるね!!
と感じてから一気に制作に入り、

結果的に、めっちゃくちゃ良い4曲が仕上がりました。

そしてレコーディングに突入!

IMG_3049
IMG_3054

photo by アンドリューさん

IMG_3042

エンジニアはもちろんこの人、
我らがアンドリューさん!!

アンドリューさんにレコーディングしてもらってから、もう10年くらい経つのか。

言わずもがなですよ。
今回も間違いない、最っ高の仕上がり。



いつもアンドリューさんが言うのは、

“常に前回を超えていこう”

“一緒に楽しみながらレコーディングしよう、その良いバイブスが出せれば必ず音に出る”

この二つ。


アンドリューさんとのレコーディング、毎回本当に楽しいんです。

アンドリューさんからアイディアを出してくれたり、それを受けてまたさらに良いアイディアが浮かんだり。
そういうのがホントに俺は楽しくてしょうがなくて。

だからレコーディング中は常に謎のアドレナリンが出ていてそれに支配されているので、まるで水を得た魚のように元気な俺です。笑

昔からだけど、レコーディング中は全然寝なくても平気だったりするのです。

IMG_3279

楽器録りから歌録り、ミックス、マスタリングまで、ずっと楽しかった。




実は今回レコーディング真っ最中にあるトラブルが発生して、非常〜に焦ったんですが…笑

それも無事にしっかり乗り越え、むしろ、ちゃんとプラスに変え、無事最高のシングルが完成したわけなんですね!



毎回だけど、アンドリューさんじゃなかったらこうはいかなかったと思う、明らかに。
最高です!いつもありがとうございます!!!











そんな感じで完成した “YES”


とにかく早く皆さんに聴いてもらいたい!




とてもフレッシュな質感。
かつ、確実に新しい息吹。
進化したのかな。
そういう部分が確かにありながらも、
ちゃんとしっかりNorthern19




そうそう、やっぱりそういうのが作りたかったんですよ。

“待ち望んだNorthern19の第一手、自分が受け取る側だとして、どういうものであるべきか”

そう、これをずっと考えてたんですよ。

この考えに、変に縛られても良くない
そうも思いながらも、でもやっぱりそれを無視したくはなかったんです。

少なくとも、自分がこれで良いのだ!と自分が納得できる、確信を持てるものじゃなきゃいけない、と、そう思ってました。



結果、新しくもちゃんとNorthern19でしかない
新たなステップにふさわしい最高のシングルが出来ました。





…こんな自画自賛してしまっていいのかな、とちょっと思いましたが笑
まぁいいでしょうよ!

だって本当にそう思うし、他の誰でもない、作った自分がそう思えなくてどうするの?という感じですもんね!










ふう…久しぶりのブログだし、込めた想いもひとしお、なのでだいぶ長いブログになってしまうな…










そうそう、今回の“YES”ってタイトルについてなんだけど、


見てもらえばわかるとおり、一曲目がYESというタイトルなんですね。
そこから取ったわけなんですが。



今回の曲達は、年末から年明けくらいにかけて、俺達3人がギュッ!となって作った曲達なんです。
で、この表題曲YESの歌詞を書いていて、
このブログの最初の方で書いた感謝の気持ち、これを自分なりに書き進めていったんですね。
そしたら自然と出てきた言葉がこれだったんですよ。
あと4曲目のNOTHING BUT MY HEART、これもまさにそういう曲。


つまり簡単に言っちゃえば
“肯定”
の気持ち、の表れなんです。


どんな場面でもどんな選択を迫られた時でも、自分の胸に手を当てて尋ねてみれば、いつだってポジティブなものでありたい、前向きな選択をしたい、と潜在的に思っている
ということを歌詞にしたんです。



…とかなんとか言ってますけど
常にポジティブでいなきゃ!だよね!
頑張ろう!頑張れ!
みたいな、元気の押し売りみたいな…そういうのは、ちょっと苦手な時もあるんですよ俺、こう見えても笑
(言われると逆に冷めたりしがちな天邪鬼気質)



でも…なんていうか、

突き詰めていくと、心をまっさらにしていくと、どうしても芯に残っているのはこういうメッセージなんですよね。

元々カッコつけるのとか苦手ですし、斜に構えたりナナメからの表現とか、あんまりできないタイプですし…

それにね、Northern19がとてもポジティブな方向へ向かった、というか向かっているわけじゃないですか。
そんな中だから、こういう表現になるのは必然なわけですよ。
希望の歌を歌いたかった。これは必然なんす。




なんかね、変な意味じゃなくて、
この作品が最後、この曲が最後ってどこかでちょっぴり思いながら曲を書いているのかもです、近年は。
いや、ほんのちょっぴりですよ?笑
本当に最後のつもりなんて、全然ないですからね!?(ないんかーい)



でも、どこかである、気がする、昔よりも。
本当に若い頃は全然そんな事考えてなかった。
それはそれで全然良いと思うんだけど。


そう思ってライブハウスに行って、ライブをしたり、仲の良い対バンと楽しく色んな話をしたり、
初絡みのバンドさんともそう、
なんか、ほとんど全部そう。


これが最後だったとしてもなるべく悔いが残らないようにしたい、自分なりに。
そう考える気持ちが、徐々に徐々になんだけど、自分の中で大きくなっていってる、かもしれないです。









また話が勝手に脱線しそうに。笑
(何言ってっかわかんねーよコイツと思う方ごめんなさい…笑)








つまりまとめますと、、

現時点の俺達が生み出し得る、最もポジティブなバイブスが具現化したもの


それが今回のシングル
“YES”
なのです。

















今、世の中がコロナでとても大変な状況じゃないですか。


今作レコーディング途中からどんどん状況が怪しくなってきて、
あれよあれよという間にライブがどんどん出来なくなってしまって、
2月の後半にはハジマザでライブとかやってたりしたのに、その頃からは考えられない、予想してなかった程の状況、生活になってしまっていて。



日々色々感じること、思うことはあるし、
なんか凹んだりする時も、
不安になる時もあるし、

そんな中で嬉しいこと、新たに気づくこと、再確認すること、凄く勉強になることもあるし。



きっと皆んなもそうなんじゃないかな、とか。
元気にはしてるんだけどね、ちゃんと。







一つだけ言えるのは
凄くありきたりで胡散臭く感じるかもしれないけど、

今回のシングルが皆さんにとって、1mmでもポジティブなものになればいいな、という気持ちです。

希望、とまではいかなくてもいいや。
ほんと1mmでもいいから、
リリース日の7/29まで楽しみにしてくれたり、
実際聴いてくれて、悪くないじゃーんって思ってくれたりしたら、それだけで嬉しい。価値があります。


俺達自身にとっては、希望です。
だって、それを沢山詰め込んで作ったんだからね。
これを聴いて、少しでも何かしらプラスなものを感じ取ったり、持っていってもらえたらなと、単純にそう思ってます!

IMG_3968






あーとにかく
早く聴いて欲しいですよ〜




楽しみにしててね。




こうして一つ良い報告が出来たこと、嬉しく思ってます。

長々と駄文失礼しました!













音楽、好きでいてくださいね。
そしたらまた元気に会いましょうぜ、必ず。




ロックソルジャーズ
ネバーーーーーダイ!!!!!!!!













笠原健太郎